>レポート>下肢静脈瘤に関する基礎知識【早めに診てもらって治療しよう】

下肢静脈瘤に関する基礎知識【早めに診てもらって治療しよう】

カウンセリング

下肢静脈瘤になるとどんな症状が現れるのか、分からないまま不安な症状が出てしまうとパニックになってしまいます。早めに医師に診てもらうことで、完治をした人もいるのでチェックしておきましょう。

みんなの口コミ

合併症でうっ滞性皮膚炎になってしまいました。

足が何かおかしいと感じていましたが、インターネットで調べてみると見た目からも症状からも下肢静脈瘤だということはすぐにわかりました。下肢静脈瘤になりやすい原因の一つに立ち仕事とあったので、数十年仕事をしてきた勲章と考えるくらいでした。男性だからズボンで隠れて見た目を気にすることも無いですし、症状もなく、インターネット上で良性の病気だと書いてあったため、病院に行くことは考えもしていませんでした。ところが、時間が経つうちに悪化しているように見え、危機を感じて病院を受診しました。合併症のうっ滞性皮膚炎とのことで治療を要すると言われて驚きました。インターネットの情報だけで素人が病状を勝手に判断したことを後悔しました。[50代|男性]

治療したことで足のボコボコがなくなりました。

お風呂に入っている時に足のボコボコに気付きました。普段の生活ではいつも衣類に覆われているため足のボコボコは見えませんが、着替える時やお風呂の度に気になりました。特に足が痛んだり、むくんでいたりしているという症状はなかったですが、妻にも相談し、病院で診てもらって原因や治療の必要性を聞こうということになりました。診断してもらった医師によると、下肢静脈瘤で命を脅かす種類の病気ではないとのことで安心しました。ただ、良くなるものでもなく、合併症を引き起こすなどの重症になる場合もあるとのことでした。怖くなりましたし、足のボコボコを見る度に気になるので治療をお願いしました。治療はすぐに済み、気になっていた足のボコボコはなくなっていました。[40代|男性]

広告募集中